APレーシングチームはもてぎJOY耐を中心に四輪カーレースやカートレース及び走行会等、各種モータースポーツ活動を行っています


130306Grooving走行会スーパーラップクラスでベスト更新♪byぴこ@メカニック

grooving_20130306_tc1000_image1.jpg
少し遅くなりましたが3/6にTC1000 Grooving走行会に参加してきました。
今回はSL(スーパーラップ)クラスという自己ベスト39.999以下の新設クラスで今シーズン最後のアタック!
それも5台のみ、20分・15分・10分という素晴らしいタイムスケジュールの中楽しく走る事ができました。

それでは結果から。
今回は事前に軽量化の意味を含めてサブフレームを撤去。
このサブフレーム、マイナーチェンジ前のモデルには装着されていません。
それならイラネ、ポイッ
ってことでサブフレームレスの軽量化が吉と出るか、剛性変化が凶とでるか・・・

▼1ヒート目 ドライ A050 Mコン 255/40R17 ダンパーF:3段戻し R:5段戻し DCCD:2段戻し
Best 39.526

せっかくの朝イチなのにタイム伸びず。。。タイヤを裏組み(左右を逆に組みなおし)したばかりだからかグリップ感が低い・・・
そして肝心のサブフレームレスの効果、懸念された剛性変化によるハンドルのレスポンスは若干悪くなった感じ。
旋回中もいつもよりもアンダーが強くアクセルが踏めない状態。
こりゃ、失敗したかな?(汗)

▼2ヒート目 ダンパーF:3段戻し R:3段戻し DCCD:3段戻し
Best 39.572

1ヒート目でリアが少し暴れた感があったので硬めに変更、DCCDも1段リア寄りに。
結果的には状況変わらず。
やはりアンダー傾向が強いため、途中からDCCDを2段戻しにしてコーナーの進入を今までよりもブレーキを残し気味に変更。
さらに1ヘアは最後にグイっと舵を当てて曲がって、最終は以前やっていたように縁石の外側から進入。
これで1ヒート目のベストとほぼ同等のタイムが出る。

この日は天気もよく、小春日和。
こりゃもうベスト更新は無理だな~なんてあきらめモードでいると、同じくSLクラスで走られていた38秒のランサーの方がその場でDKC!
804312_220512321422998_1418722112_n.jpg
電動カンナでタイヤ表面を削ります!
これでタイヤの古くなったコンパウンドを削ることでグリップを回復しタイムアップに繋げるとのこと。
これだけ気温が上がってきたのにまだタイムを狙いに行く姿を見てテンションアップ♂
2ヒート目で感じたことを3ヒート目で試してみて結果に繋げようと再度車のセッティング変更。
リア減衰をいつもの5段戻しに、DCCDは2ヒート目で感触のよかった2段戻して操作方法も2ヒート目のイメージで♪

▼3ヒート目 ダンパー・DCCD 1ヒート目と同じ

Best 39.185

コースイン後タイヤを温め、イメージの通り走ったら1発目でベスト更新!

あきらめずイメージ通り走れた結果です♪

よし、この調子でタイヤがタレる前に38秒台に!と気合入れたらクルっと行きました(爆)

アタック中にスピンしたの久しぶりなのでビックリしました(汗)

これにて今シーズンのアタックは終了~
今後は来シーズンへ向けての修行とメンテに突入ですw

当日参加されたエントラントの皆さん、SLクラスでご一緒された方々、主催のこっちーさん、他スタッフの方々、撮影のはじくん、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
また次回も素晴らしい走りの場の提供を宜しくお願いします!

そして当面の目標を再度確認。
ノーマルタービン・ノーマルエンジン仕様で38秒前半!
これに向けて日々精進していきます♂

130215『勝手に走ろ』TC1000走行会にて走り初め byぴこ@メカニック

130215gdb1.jpg
今回も友人にナイスな写真を撮っていただきました♪
いつもありがとうございます!

遅くなりましたが、やっと今年の走り初め。
先月走りに行けなかったのでベスト更新に向けて気合バッチリ!
・・・だったんですが、当日は昼ごろから生憎の傘マーク。。。
こうなってくると1本目に掛けるしかないっす。

で、今回は久しぶりの大所帯。
一緒に走行する友人5人と撮影してくれた友人の計7名で楽しい時間を過ごせました♪
130215gdb4.jpg

いつも一緒に走行会に参加している友人のGC8インプレッサ。
130215gdb2.jpg
フロントはFRPオーバーフェンダー、リアはS30Z用のオーバーフェンダーを流用して装着。
255サイズのSタイヤにドグミッション搭載のアタックマシン。

ウチのGDBインプレッサ。
130215gdb3.jpg
同じくフロントはFRPオーバーフェンダーですがリアは鉄パイプでグリグリ広げたお手製オーバーフェンダー(爆)

そんでは結果から。

▼1ヒート目 ドライ(ときどきパラっと)
 A050 Mコン 255/40R17 ダンパーF:3段戻し R:5段戻し DCCD:2段戻し

Best 39.749

流石に雪予報も出ている朝イチ、タイヤの熱入れに4周もかかってしまい、5周目からアタック♂
前日の強風で砂が撒かれたからかパラっと降ったからか、1コーナーで外に逃げるからアクセル踏めない。。。
最終の回り方を以前38秒台で走るエキシージ乗りの方にレクチャーもらった方法を試すといい感じ♪
2ヒート目まで天気がギリギリもちそうなので、ここで試そう!と思ってたら赤旗・・・
130215gdb6.jpg
エントラントのZの方がガマン付近でオイルを撒いちゃった様子(汗)
ピットに戻った車を見てみるとアンダーカバーからオイル駄々漏れ!
130215gdb7.jpg
どうやらドレンボルトが抜けて全量オイルが抜けたようでした。。。
コースはオフィシャルの方がおが屑で処理してくれていましたが、これではアタック無理なので本日のタイムアタック終了~(T_T)
Zのオーナーさんに聞くと、最近オイル交換はしていないがショップでオイルクーラー取り付けたとのこと。
間違いなくショップでのチェックミスかと(汗)
オーナーさん、自車のトラブルで大変な様子と気持ちががよく分かったので自分は2ヒート目は走らずにホイールのお掃除お手伝いをしておりました。(アタックできないからじゃないですよ爆)
幸いにもオイル入れてエンジン掛かったようだったので一安心です。

ということで、アタック終了ですのでタイヤ交換(笑)
雨も本格的に降ってきたので安心感とお遊びで245のA050を使います。

▼3ヒート目 ハーフウェット
A050 Mコン 245/40R17 ダンパー同じ DCCD:ロックから1段戻し

Best 42.610

雨で路面温度が下がったのでタイヤに熱がなかなか入らない(汗)
やっぱり5周くらいで熱が入りだしたので軽~く猿走り♪
あぁ雨が・・・(涙)
そしてGRBインプレッサの友人はサーキットで爪折り作業♂
130215gdb5.jpg

▼4ヒート目 ウェット タイヤ・ダンパー・DCCD同じ

Best 44.32くらい(ラップ表もらい忘れ・・・LAP-SHOTの表示)

もう路面はヌレヌレ。。。
今回はエントラント同士の同乗OKだったので友人のGC8のドグミッションを生で乗車したく同乗をお願いして、2周ほど同乗。
ん~、ドグの音いいっす(・∀・)!!
ギヤ抜けのトラブルが走りに影響しているようなので、次の仕様に期待ですね。
で、GRBの友人がウチの車に同乗してライン説明。
助手席で軽く車に酔っていたようでした(汗)

結局ベストは1ヒート目の39.749・・・orz
ひとまずゼッケンNo.通り一番時計は死守♂



まだまだ要修行です。
参加された皆さん、エントラントの皆さん、主催者他スタッフの方々お疲れ様でした~♪
今年も宜しくお願いしますm(_ _)m

今回の走りで今年の目標を新たに設定!

TC1000 38秒台
TC2000 63秒台
本庄 頑張って走りに行く!
MLS 遠征できるタイミングがあれば44秒前半
富士ショート 走ってみたい

以上の目標で頑張ります♂

走行会終了後、地元に戻ってから走行仲間有志で遅い新年会!
130215gdb8.jpg
白子鍋美味しかった~♪
刺身盛りの岩海苔も美味かった!

今年もTC1000メインに走行会参加して行きますので、夏のJOY耐同様宜しくお願いします♪

121208ZummyRacingTC1000素人最速アタックバトル byぴこ@メカニック

GDB121218-1.jpg
レースクイーンの藤咲里佳ちゃんとダベる自分とスマイリーショットさん(笑)
※友人撮影

12/8にZummyRacingTC1000素人最速アタックバトルに参加してきました!
当日は気温も低く天気も快晴!
今シーズン3回目のTC1000ということ、前回ベスト更新で38秒台が見えてきたということもあり気合・テンションともにかなり高めで当日を迎えました♂
今回は珍しく一人での参加でしたが、現地ではインプレッサTC1000レコードホルダーのiguchiさん他40秒切りの方々が多数参加していてお話もさせていただきとても楽しい1日でした。
いつもかっこよく撮影してくれるスマイリーショットさん・友人にも写真もたくさん撮影していただきありがとうございます!

スマイリーショットさん撮影
121218gdb_2.jpg

友人撮影
121218gdb_3.jpg

簡単に結果から。。。

▼1ヒート目 A050 Mコン 255/40R17 ダンパーF:3段戻し R:5段戻し DCCD:2段戻し
Best 39.445
▼2ヒート目 タイヤ・ダンパー同じ DCCD:前半ロック・後半1段戻し
Best 39.580
▼3ヒート目 タイヤ・ダンパー同じ DCCD:2段戻し
Best 39.629
▼4ヒート目 RE01R(8年落ち) 245/40R17 ダンパーF:5段戻し R:7段戻し DCCD:2段戻し
Best 41.673
▼5ヒート目 タイヤ・ダンパー・DCCD同じ
Best 41.435

当日ベストは1ヒート目の39.445


残念ながらベスト更新とはなりませんでした。。。
今回は1クラス5台とちょー走りやすい環境だったこと、朝イチは気温も低くアタックもってこい!のコンディションだったこともあり気持ちばかりが先に行ってしまい冷静な走りができず。
特に動画の最終立ち上がり部分は、無理にコジって向きを変えて荷重がしっかり乗ってない状態でアクセル開けたためにラインがインに入りすぎて縁石乗り上げちゃって車が暴れちゃってますorz
やっぱり落ち着いて&冷静に走らないとイイことないです。。。

ということでSタイヤでアタック終了~
そそくさと街乗りのRE01Rに交換w
前回、ラジアルで久々に走ったら結構楽しかったので、今日も走ってみようとコースイン(笑)
やっぱり結構楽しいです♪
4ヒート目を終わったところでエキシージ乗りの方から1コーナーの進入についてと最終の立ち上がりについてアドバイスを頂き、5ヒート目で試すといい感じになれたのは収穫でした♪
おかげでラジアルのベスト更新!(といってもまだまだですが。。。(‐‐;

最終的にタイムはiguchiさん、エキシージ乗りの方に次ぐ三番時計でしたが次回につなげられる収穫ある走行会となりました!
また37秒台・38秒台の走りを間近に見れて非常に刺激になりこれからのモチベーションにも繋がる1日となりました。
今回にて年内走行はひとまず終了となりそうですが、来年こそ
ノーマルエンジン・ノーマルタービンで38秒台!
を達成できるよう精進したいと思います。

参加されたエントラントの皆様、主催者のZummyさんお疲れ様でした!

そして今回をもって年内の走行は終了!
今年1年間、APレーシングチーム応援ありがとうございました。m(_ _)m
来年も順次更新していきますので宜しくお願いします!
そして新年一発目の走行は1/12(土)のTC3000走行会(午前TC1000・午後TC2000)の予定。

それではよいお年を!!

121116 アタックシーズン到来!inTC1000 byぴこ@メカニック

20121116GDB1.jpg
気温も下がってきた11月、ついにシーズン到来!
(写真は以前筑波で知り合ったアマチュアカメラマンのスマイリーショット!さんに撮影していただきました。いつもカッコいい写真ありがとうございますm(_ _)m)

ってことで行ってきましたTC1000♪
今回もインプレッサ乗りの友人2名+現地で2名、応援&撮影に2名と仲間内でワイワイ楽しい走行会でした。

参加したのは毎度おなじみ『いっしょに走ろっ♪』の走行会。
台数も少なく、スタッフもエントラントの方もすばらしい雰囲気の走行会です♪

んで、今回からタイヤ&ホイールも念願のアタックサイズ!
255/40R17サイズのSタイヤに9J幅の競技用ホイール♪ 262043_173505559457008_1149753325_n.jpg
朝から気温も低く天気も快晴、否が応でもテンションMAXです(爆)
では走行結果。

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン  255/40R17
減衰 F:3段戻し R:5段戻し エア冷間F:1.9 R:1.75 DCCD:ロックから2段戻し


Best:39.264

いきなりキタ---(・∀・)---!! 20121116GDB2.jpg
各部の干渉の確認もあったので、3周ほど熱入れ&荷重を掛けて異音等の確認をし問題が無いのでアタック開始!
あまり気合を入れずにスムーズな操作を心がけて走ったらアッサリとベスト更新(39.331)
おっ!?と思いながらも2周のクーリング挟んで再度アタックでベスト更新♪
ひとまずエア圧と干渉状態を確認のために1ヒート目終了。

▼2ヒート目 タイヤ・減衰・DCCD同じ エア温間F:2.3 R:1.95


Best:39.598


各部確認し、干渉が無いので色々試してみる。
1コーナーへの進入をブレーキ若干残しでパーシャルから全開と、パーシャルから一瞬アクセルを止めてフロントの向きを変化させて全開再加速とどっちが走りやすいか?タイムが伸びるか?
ロガーデータからだと前者の方が区間タイムは伸びているし、乗っていてても操作しやすい感じ。

▼3ヒート目 タイヤ・減衰・DCCD・エア 同じ


Best:39.815


太陽さんのおかげでポカポカ陽気♪
おかげで気温も路面も徐々にポカポカ(爆)
2ヒート目の状況を試すも無理にアタックせずに確認のみして早めにピットイン。
1・2ヒート目の操作感からすると温まって若干圧が高くなってきているヒート後半にタイムが出ていることからリアのエア圧は2.0くらいがよさそうな感じ。
これは次回以降の課題です。

▼4ヒート目 タイヤ・減衰同じ DCCD前半ロックから1段戻し・後半2段戻し エア温間 F:2.3 R:2.0


Best:39.817


お昼になって完全な小春日和♪
お昼寝には最適ですがアタックはもう終了~
DCCDとリアのエア圧を変えて試してみましたが、DCCDは2段戻しエアはやはり2.0の方が調子がよさそう。

▼5ヒート目 タイヤ RE-01R 245/40R17(F:04年製 R:07年製)
減衰 F:3段戻し R:7段戻し エア冷間 F:2.0 R:1.95 DCCD:ロックから2段戻し


Best:42.580


気温も上がってきたので街乗りタイヤに交換。
今まで街乗りで使ってきたZ1☆(235/45R17)が片減りと残り山が関東平野なみになってきたので中古タイヤに交換。
中古ホイールについてた04年製のカチカチのバリ山とオクで1本づつ1000円・2000円とゲットした07年製のRE-01Rに履き替えて皮剥き兼ねての走行。
コースイン数周は軽~くブレーキを掛けているのに白煙を上げながらコーナー進入(汗)
4周辺りから少しタイヤもグリップしだしたので久々のラジアル走行。流石にカチカチなので流す程度+αでしたが、ラジアルも楽しいかも♪


ってことで本日のベストは好条件の1ヒート目の走行となりました。
晴れて自己ベスト更新♪


いよいよ38秒台も見えてきました!
でもココからがまた長いんでしょうね~

★前回の課題
・1コーナーの進入角度及びアクセルワーク→これでコーナーリング中の舵角も安定するはず
・ガマン出口に向けてもう少しリアにトラクションを掛けながら旋回したい(車高&リア減衰)
・255装着時のホイール選択及びインセットのセッティング
・気合♂

1コーナーに関しては舵角も安定してきたのでこのまま様子見。 リアのトラクションはタイヤサイズエア圧調整と走らせ方で改善方向に向かっているのでこちらも継続。 255サイズも問題なく装着OK! ・・・ やっぱりあとは気合か(爆)

★次回への課題
・リアのエア圧&アタック周に狙った圧になるように。
・1コーナーのライン&アクセルワークの安定化

★今後の整備&調整関係
・フロントローターの予備準備
・禁断のボディ補強?
・運ちゃんの軽量化(爆)

今回は1番時計とはなりませんでしたが(2番でした)、ベスト更新と前回までの課題がしっかりと成果となってきているので非常に満足度の高い走行会でした。
参加の皆さん、いつも楽しい場を提供してくれているスタッフの方々お疲れ様でした!

次回は新年本庄&TC3000か?
悩む・・・

121005 シーズンインアタックinTC1000 byぴこ@メカニック

121005gdb2
すっかりご無沙汰しております。

いよいよ10月、秋本番といいたいところですが連日の暑さでゲンナリ状態です。。。
さて、昨日は初参加となるチーム六連星のTC1000走行会に参加してきました。
GC8インプレッサ乗りの友人が参加するのは知っていたんですが、エントリーリスト見たらもう一人友人も参加してるじゃないですかwww
当日は秋晴れ!というよりも猛暑に近い晴天。
タイムアタックよりも減量にはもってこいな条件での走行となりました。

そんでは結果から。

▼1ヒート目 タイヤ F:03G M1コン R:A050 Mコン  255/40R17
減衰 F:3段戻し R:5段戻し エア冷間F:1.85 R:1.75 DCCD:ロックから2段戻し

Best:40.334

今回もチャンポンで255(笑)
前回は050をフロントに持って来ましたが、残り1部山では・・・とフロントに03Gを。
次回以降に9Jインセット50をブチ込むことを想定し、7mmスペーサーをフロントに入れてみたんですが、少しハンドリングがダルい???
先日交換したGarage-STR InvestigateLubricants75w-140のミッションオイルは、フロントデフの掻いている感が強まったので操作性はgood!
リアフェンダーはグリグリやって広げた効果アリでまったく接触せず(^^)v

▼2ヒート目 タイヤ・減衰 同上 エア温間F:2.3 R:1.9 DCCD:ロックから1段戻し

Best:41.075

フロントのトレッドのせいなのか03Gの特性なのか進入時のクイック感が非常によろしくない。。。
リアはリアで山がないので熱ダレも早くアクセルをなかなか開けられず。

▼3ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:3段戻し R:5段戻し エア冷間F:1.9 R:1.7(温間F:2.3 R:1.9狙い) DCCD:ロックから2段戻し

Best:40.551


最初の周がベスト、次周が40.773
なーんか、突っ込みどころ満載な走りに自分でがっくり。。。
1コーナーからガマンへのアプローチまで、最終立ち上がりどちらもダメダメ(涙)
ん~全部ダメってことですねorz
ま、外気温32℃・路面温度50℃超えだから仕方ない!と言い訳してみる。。。

7月末にも夏修行で猛暑のTC1000走っているんですが、そのときのタイムの方がよかったのはナイショ

で、4ヒート目開始前にエンジン掛けると。。。
ん?なんかエンジン音がおかしい?
ちょっと1気筒死んでいるような気がする音が・・・
ひとまずスタートラインに並んでコースインするも、明らかにパワー感なし!(汗)
速攻でピットインし確認するも、やはりアイドリングでエンジンに変な振動が。
ま、まさかのブロー!?棚落ち!?
でも油温・水温・油圧は問題なし、オイル量も問題なし。
スタッフのメカの方がいるとのことで知恵を貸していただき、一度エンジン止めて様子を見ることに。

そういえば今年の初めにプラグ交換したときに2番シリンダー(助手席側前)のイグニッションコイル接続のカプラー爪を折ってしまった記憶が。
何気なく手で押してみたけど、手ごたえ全くなし。
もう一度エンジン掛けてみると・・・治ってる!!!
アイドル中に再度コネクタ触ると1気筒失火したような現象再発。
原因コレで確定。
大事に至らず一安心。

あと2ヒート残っていましたが、暑さと集中力が途切れたこともあり本日の走行終了~
本日のベストは3ヒート目の40.551sとなりました。
前回真夏の走行よりタイムが落ちていることにショック。。。orz

★今後の課題
・1コーナーの進入角度及びアクセルワーク→これでコーナーリング中の舵角も安定するはず
・ガマン出口に向けてもう少しリアにトラクションを掛けながら旋回したい(車高&リア減衰)
・255装着時のホイール選択及びインセットのセッティング
・気合♂

本格的なシーズンはこれから。
試行錯誤して今シーズンこそ目標の38秒台突入目指して行きたいと思います。

で、今回の走行会。
初参加でしたが、一番時計を記録♪
DSC_0346.JPG
小さいながらもカップと記念品頂いちゃいました!
何度か一番時計はありましたが、こうやって頂くと嬉しいものです(笑)

参加のエントラントの皆さん、スタッフの方々お疲れ様でした~

0501GWにシーズンラスト?のアタック!inTC1000 byぴこ@メカニック

20120501GDBimages1.jpg
長いGW(とは言っても自分は飛び飛びの休みでいつもと変わらず。。。)中日の5/1に『いっしょに走ろっ♪』走行会に参加してきました。
すでにタイムアタックのハイシーズン(12月~2月)はとうに過ぎておりますが、淡い期待を胸にシーズンラストのアタックです。(笑)
(画像は前回のTC1000走行会で知り合った方に撮っていただきました。カッコよく撮っていただき本当にありがとうございますm(_ _)m)

今回はサーキット仲間3人と大所帯での参加。
ここの走行会は常連さんも多いので顔見知りも多数だったりします(笑)
参加の皆さん、スタッフの方々お疲れ様でした~

さて、今回の課題は・・・
・シーズンではないこの時期にしっかりタイムが出せるか(39秒後半)
・先日新型に乗り換えた友人から引き継いだ255/40R17を武器にできるか
・ガマンコーナー出口のバインバインを出さない走り

前回の走行で金子プロからアドバイスいただいていたリアの減衰を今回は1段低めにし、プリロードを1mm掛けて試してみました。

しかし、大きな落とし穴が・・・
自分はA6サイズのノートに走行時のエア圧や減衰値、フィーリングや動きなどをいろいろメモして使っているんですが、前回のタイヤのエア圧を記載するのを忘れていたため去年の9月のデータで空気圧セットしていたことが帰宅後のデータ整理で判明しました。。。(涙)
ちなみに、前回のベストのときはF:2.3 R:1.9(温間)、今回はF:2.3 R:2.1(温間)
リアのエア圧高っ!(汗)
結果的にはリアのバインバインは今回発生しなかったので、減衰を低くしたのが効いたのかプリロードを掛けてリバンプ速度を速めたのが効いたのか。
次回以降に再度セッティングをしっかりとして挑みたいと思います。
にしてもお粗末です。。。
さらには、GPSロガーが上手く作動しておらずデータが取れてませんでした(涙)
せっかく245と255の違いをデータからも比較したかったのに非常に残念です。。。

20120501GDB_2.jpg

それでは内容から。

▼1ヒート目 タイヤ F:A050 Mコン R:03G M1コン 255/40R17
減衰 F:3段戻し R:6段戻し エア冷間F:1.8 R:1.9 DCCD:ロックから2段戻し

Best:40.127

255のフィーリングはかなりいいです。
乗ってて安心感とパワーを食われている感も無いのでいい感じです。
外径が大きいからか、インフィールドを3速で行っても最終進入で吹け切りそうにならず良好。
結果的に本日のベストは1ヒート目のこのタイム。しかし、ビデオの動作不良で動画撮れておらず(涙)
最終立ち上がりをアクセルONでしっかりリア荷重で旋回していくと、左リアタイヤがフェンダーに擦る。
乗れている証拠だがもったいない。
この時点で路面温度30℃(汗)
次のヒートに路面温度がこれ以上上がらないことを期待したいが・・・

▼2ヒート目 タイヤ・減衰 同上 エア温間F:2.3 R:2.1 DCCD:ロックから1段戻し
リアタイヤがフェンダーと干渉するのでリアキャンバーを1目盛り調整&フェンダー現地で爪折

Best:40.136

予想通り路面温度35℃に上昇(爆)
休憩中に一緒に走行していた友人(この暑さの中で唯一39秒台に入れてました)から1コーナーでのアクセルワークについてあれこれ聞き出す。
進入→パーシャルからやや踏みながらイン側奥のゼブラ付近でもう一踏みして脱出をいろいろ試すが上手くいかず。。。
進入からアクセルを徐々に踏んでいくと弱アンダーに。前後タイヤを別メーカーでチャンポンだからか?リアキャンバーのせい?
それでも本日の2ndベスト。


▼3ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:3段戻し R:6段戻し エア冷間F:1.85 R:1.9 DCCD:ロックから2段戻し

Best:40.478

各コーナーの立ち上がりは245がフィーリングよさそう?
でも1コーナーやインフィールドではちょっと厳しい。。。
そんな時にに友人からTE37SLにPCD100の9.5Jのラインナップありとの情報を(笑)
ん~、やはり8.5Jより9.5J?

▼4ヒート目 タイヤ・減衰 同上
エア温間F:2.3 R:2.1 DCCD:ロックから1段戻し

Best:40.175

気温も路面温度も上がって暑い。。。
DCCDは1段戻しの方が調子いい。
1コーナーのアクセルワークをいろいろ試すが、そもそも進入のブレーキが早すぎるため速度が落ちてもったいないか?

▼5ヒート目 タイヤ F:A050 Mコン R:03G M1コン 255/40R17
減衰 F:3段戻し R:6段戻し エア冷間F:1.8 R:1.9 DCCD:ロックから1段戻し

Best:40.342

走行前に雲が出てきて気温も下がってきてラストアタック(・∀・)!!
1コーナーのアクセルワークは255の方が楽にできる。
やっぱり来シーズンは255か?
1コーナーアクセルワーク・ガマン立ち上がりのアクセルワーク・最終の進入を数パターン組み合わせてみて、それぞれフィーリングのよさそうなのをしっかりとメモ。
これを来シーズンに活かします。

ということで、ベスト更新はおろか39秒台に入れることもできませんでしたが宿題ができたのヨシとします(違)

※今後の課題
・リアフェンダー干渉対策
・ホイール選定(手持ちのリストラ・新規含めて)
・アクセルワーク
・走行データ(メモ含む)の蓄積と整理←コレが一番重要w

次回走行はシーズンオフなんで秋くらい~、とかいいながら本庄あたりで軽く修行ですかね(笑)

3.11クルマで遊ぼう♪<頑張ろう日本 走行会>inモーターランド鈴鹿遠征 byぴこ@メカニック

20120311GDBimage1.jpg
少し遅くなりましたが、3.11にモーターランド鈴鹿で行われた『3.11クルマで遊ぼう♪<頑張ろう日本! 走行会>』に友人と参加してきました。

昨年の大震災チャリティーイベントの一環として今回開催されたイベントですが、昨年3月17日にMLSで開催されたイベントを震災直後ということもありキャンセルしていたので自分の中ではリベンジという位置づけでもありました。

前日夕方に友人と出発。
中央道でノンビリ行こうかという話もありましたが、降雪によるチェーン規制があったりする箇所もあったので万全を期して東名→伊勢湾岸→東名阪→伊勢道ルートで現地まで。
途中で2度の夕食を食べながら(笑)伊勢湾岸長島PAにて1枚。
20120311GDBimage2.jpg
その後、亀山IC近くの宿に到着~
自分は人工温泉浸かってビール飲んだら速攻で落ちてましたw

翌日朝食はバイキングにてしっかりお茶碗2杯♪
コロッケも中華サラダも納豆も、パン以外は一通りいただきましたゴチソウサマデシタ

現地入りするとすでに半分以上の参加者が準備しておりました(汗)
主催者の方(車関係で大変お世話になっている知人で、自分の車の足回り関係はこの方にセッティングしてもらったモノなんです)やスタッフの知人にご挨拶して準備開始。
前回は一昨年の灼熱走行会、今回で3回目のMLS。
一応前回出した48.8というタイムは9年落ちのSタイヤ、この記録は更新しないと恥ずかしすぎるので目標を46秒に設定。

そんでは走行の内容から~

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:3段戻し R:4段戻し エア冷間F:1.75 R:1.8 DCCD:ロックから1段戻し

1年半ぶりのMLS。
完全に走り方忘れてます(汗)
特に外周はおっかなくてアクセル踏めないし、インフィールドは荷重がかからずハンドルをこじっちゃってドアンダー。。。
それでもベスト更新&あっさり目標達成w

BEST 46.942

▼2ヒート目 タイヤ DCCD同上
減衰 F:3段戻し R:3段戻し エア温間F:2.3 R:2.2 DCCD:ロックから1段戻し

主催者に「外周怖すぎっ」って聞いたらリアの減衰硬いほうがいいよん♪ってなアドバイスに沿ってリアを1段硬めに調整。
あとはビビリミッターを少し解除♂
確かに意識しながら走ると外周部分でリア荷重で旋回しながらアクセル踏めるけど怖いっすwww

BEST 46.426

2ヒート目終了時に主催者自らウチのインプレッサにスーパー・ロー・フリクションなるバレンシアオレンジジュース風な添加剤を注入~
20120311GDBimage3.jpg
アイドル状態でオイルゲージから負圧を利用して点滴で注入♂
見るからにジュース風な添加剤ですが、注入後はアイドリング時の振動が減ったような?鈍感な自分には劇的な変化は感じられず(爆)

▼3ヒート目 タイヤ 減衰 エア DCCD 同上

2ヒート目でなんとなく走り方を思い出したのでセッティングを変えずそのまま。
2ヒート終了後に注入したバレンシアオレンジの効果か、中高回転での伸びがよくなってシフトタイミングがイマイチあわず(汗)
低回転は変化がわかりませんが、エンジン回すとパンチが持続するようなフィーリング変化はありました。ソレイジョウハフカンショウナンデ

BEST 45.817

お昼にはエクストリームバイクショーやチャリティー即売会なども開催。(画像取り忘れました。。。)
目玉は服部尚貴選手の本物レーシングスーツのチャリティーオークション。
実はモーターランド鈴鹿のスタッフである服部さんは、服部選手の実兄様。
サイズ的に自分は着れないので友人に参加してもらいましたが、いきなりの高額提示にあえなく撃沈。。。
それでも激安な価格で落札されてしました~

休憩時間に主催者にコース攻略をレクチャーしてもらいましたが、やっぱり実践するのは難しいですね~

てな訳で、午後の走行開始!

▼4ヒート目 タイヤ 減衰 エア DCCD 同上

午後一発目は助手席くっつけて友人を同乗で走りますw
インラップ2周目にタイヤが温まりきらず怖い思いをしましたが、臨場感を楽しんでいただけたかな?と思います(違)

BEST 47.286

その後、14:46

走行を一時中断し、参加者全員で1分間の黙祷。

今後も少しでも日本経済を回すべくできる限りの消費&浪費をしてお金を回して行こうと思います。
そして、風評被害に負けることなく一生懸命頑張っている被災地の方々のためにも東北のお酒を一杯飲みたいと思います。

▼友人のESSEに同上

今度は自分がESSE助手席に同上。
外周はノンブレーキで走っていくので転がらないかマジにビビりました(汗)

真剣におっそろしくて、グラブバーを掴む左腕が筋肉痛になったくらいです(爆)
友人曰く、「助手席に人が乗っていたほうが外周は安定する(左回りなので)」とのことでしたが、あれ以上怖かったらチビってますwww

▼5ヒート目 タイヤ 減衰 エア DCCD 同上

昼のレクチャーに習っていろいろラインを試してみますが、なかなかビシっとは決まらず。。。
朝からですが、2→3速のシフトが入りづらく恐ろしくタイムロスをしている感じ(汗)
おまけにお父さんのESSEに同乗した疲れで5周でピットイン(爆)

BEST 46.050

ピットに戻って見学してたら、エントラント参加のガレージクロノスさんが社長ドライブで全日本ダートラ選手権D車両で走行w リアカウル忘れてきたからって、すごいスタイルで火噴きながら走っていました(爆) カッコよすぎです♪

▼6ヒート目 タイヤ 減衰 エア DCCD 同上

日も傾き、ベスト更新&44秒台を目論んで最後のアタック♂
ラインもレクチャーに沿って走ってみるがムキになると駄目ですね~
結局更新できず寸止めで終了。

BEST 45.950

ここで前走行終了~!
結果は惜しくもこの日の2番時計でしたが、無事にトラブルなく走行を終えることができ(初回はドカン(2ヘアでタイヤバリアに激突、2回目はホイールが割れてた)よかったです。
目標であった46秒台は45.817と達成することができたのでひとまず大満足。

閉会式でのチャリティー即売会ではチョー激安で新オイルをゲット!
こちらのオイル、4月から正式販売されるNEWブランドの新オイルですが、定価では1リットル7000円前後だとか・・・(驚)
他にもステッカーやポロシャツなどいろいろいただきました♪
20120311GDBimage4.jpg
ゲートクローズ後はスタッフの皆さんの打ち上げに友人と参加させていただきましたが、もう一泊して飲みたくなるお店だったのが心残りです!(爆)
おみせはこちら→まつかさ

そして打ち上げのお店を出ると雪降ってる(汗)
伊勢湾岸から東名に入る頃には雪は止みましたが、体力の限界から途中休憩して仮眠しながら帰宅したのは早朝5時。
夕方の出勤時間まで爆睡状態でしたw

主催者・スタッフの方々、モーターランド鈴鹿様、エントラントの皆様お疲れ様でした~
懲りずにまた遠征したいと思います♪

120210 今シーズン初TC1000ベスト更新♪\(^o^)/ byぴこ@メカニック

2012gdb-1.jpg
昨年11月走行のTC1000→雨
先月走行予定のTC1000→都内積雪でキャンセル

と、3ヶ月ぶりのドライTC1000です(嬉)

今回もインプレッサ乗りの友人といつもの『いっしょに走ろっ』の走行会に参加してきました。
今回の走行会は10日・11日の2日間行われ、参加したのは1日目。
午前中のみ4ヒートの走行、翌日に行われたは通常の『いっしょに走ろっ』で1日の走行なんですが、休みが取れず1日目のみの参加となりました。
あ、ちなみに夜勤前だったので走行後にそのまま会社に行ってバッチリ仕事しました(笑)

TC1000走り初めて苦節5年、やっと39秒台入りました~♪
では、内容から。。。

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:3段戻し R:5段戻し エア冷間F:1.75 R:1.8 DCCD:ロックから1段戻し

実は今回ECUの現車セッティングを施しミスファイヤリングシステム(アンチラグ)も導入、大幅なパワーアップをしての走行とあって期待大だったりします(笑)
ちなみに車軸測定で出力330ps・トルク53kgm(ローラー式パワーチェック方式に換算すると380ps・61kgm!)
そのセッティング後に完全アクセル全開にするのは今回が初めて。
加速はもちろん、パーシャルから再度踏み込んだときの加速が素晴らしいです♪
1コーナー進入時のアクセルオフ時にミスファイヤの「バラバラバラッ!」と聞こえる音がさらにやる気アップ♂
1コーナー→1ヘアへのアプローチ、ガマン出口からのアプローチがかなり今までよりも早くなったが、どちらの立ち上がりも3速レブに当たりそう。。。

Best 39.767

▼2ヒート目
エア温間 F:2.2 R:1.9 他同上

いきなり1ヒート目で目標達成して気をよくしたが、1コーナー出口内側に土が撒かれてしまい気になってアクセル踏めず。。。
最終からの立ち上がりラインを次のヒートへ生かすべく、いくつか試す。

Best 40.090

▼3ヒート目
エア温間 F:2.3 R:1.9 他同上

走行枠内の最後の方が舵のフィーリングがいいのでフロントエア圧0.1上げて走行。
最終の進入直後に一度アクセルONで加速してアクセルOFFからハンドルを少しこじって脱出してみる。
それがドンピシャ!
コンスタントに39秒台で走行可能に♪
ガマン出口で外のラインを走行するとリアがバインバインしてトラクションが逃げてる~
これが無ければもう少し前に出れそうだが、やっぱり3速レブに当たりそう。。。

Best 39.596

▼4ヒート目
同上

待機中にリアのバインバインをインストラクターの金子陽一プロに相談。
「アクセルワークで微妙にコントロールしてみて」とのアドバイス。
4ヒート目を見ててくれるとのことで、3ヒート目と同様のセットで走る。
とはいうものの、なかなか上手くいかずやっぱりバインバイン。

Best 39.974

そういえばダンパーのセッティングをしてくれた人からリアのドタバシャ感が出るときはバネのプリロードを・・・なんて話を聞いてたのを忘れてました(汗)
いまさら言っても後の祭り、今回はこれにて終了~
金子プロからは車のセッティング方向は間違っていないから、リアの減衰を下げてみるといいかも♪とのアドバイス。
伸び側の追従が追いついていないのかガマンの出口の逆バンクになっている部分を踏んでいるからなのか、リアのドタバシャ感がでてしまっているので次回への課題ですね。

今回の走行でやっと車が自分の想像通りの動きをしてくれるようになってきましたが、運ちゃんよりも車のおかげでタイムアップしたようなモノです(笑)
とはいえ、この日の一番時計を記録♪
上機嫌な一日でした~(笑)

今回はちょっと勉強してロガーデータと合成してみましたが難しい。。。
ロガーデータと実測の誤差は0.007、ほとんど誤差ナシの範囲ですね。

①1ヘアまでのところ、ガマン→最終への進入でかなりレブ近くまで回ってしまっています。
245/40R17の外径だと厳しいのか。。。
②最終の立ち上がりはもう一息早めにアクセルONにしたいところ。
③やっぱりガマン出口のバインバインでロスしている気が・・・

上記①は仕様変更を伴うので現状で限界が来てから考えるとして、②と③は足のセッティングでどうにかなりそうです。
②に関しては、最終コーナー旋回中の舵の感じは非常にいいのでもう少し向きを早めに変えてやるといいかも。
③はリアの減衰及びプリロードの調整で次回試してみたいところです。

で、4ヒート終了後に片付けしてたらお漏らしに気付く。。。

リアデフ右サイドベアリングのシールから汁漏れです。orz
3ヒート目終了時のエア測定ではオイリーではなかったので、4ヒート目で止めを刺したようです。
コースにオイル撒いたりデフブローしなくてよかった~(汗)

来月11日にはMLS遠征を控えているのでそれまでに直しておかないといけませんが、ぼちぼち近づいている車検と同時に作業するほうが楽そうなのでショップに相談してみないといけませんね。

サーキットでのタイムアタックシーズンはあと1ヶ月がいいところ。
次回以降は上記課題点を見直しつつ、目標38秒台に向けて精進したいと思います。

2012新年走り初め♪in本庄サーキット走行会 byぴこ@メカニック

2012GDB_image1.jpg
遅くなりましたが明けましておめでとうございますm(_ _)m 本年もよろしくお願いします。

現職場は正月もいつもの勤務パターン、おまけにタイミングよく休みが取れたので新年4日は本庄サーキットにて走り初め。
現地でご一緒になった方、お疲れ様でした。
前回は11月に雨で不完全燃焼で余りにもテンション↓だったTC1000(なのでレポート無し爆)、年末はバタバタで発射できず悶々とした気持ちのまま年を越しておりました。
ですが、新年一発目は待望のドライ走行(・∀・)!!
否が応でもテンションは上がります♂

で、結果は自己ベスト更新となる44.380♪
1年半ぶりで走り方がまったく分からず、いろんなラインを試してみましたがなかなかしっくりは来ないですね~
それでも久々に1日ドライで走れたのでとても楽しかったです。
今回は車載動画が振動のせいなのかカメラが止まってしまったので一緒に参加していた友人に外から動画を撮影していただきました。

その友人から小型カメラを借りて運転席ドア外に貼り付けてローアングルな撮影も。

最後は一緒に参加していたインプレッサ仲間の方(ジムカーナ・雪山観光走行な方w)の助手席に同乗させていただいてとても楽しい本庄ドライブを満喫できました(爆)
助手席に乗っているのが自分です(笑)

ドリフトも自分のグリップ走行に有効な部分もあるので非常に参考になりました。
本庄サーキットは同乗が気軽にできるのがいいですね~

今回から使用している新しいミッションオイル・デフオイル(invistigate製)も使用感は上々♂
5ヒート走って熱入れ後も特にフィーリングの変化は無くいい感じです。
ひとまず次回走行の1/20 TC1000もこのまま使ってみようと思います。

ここで今年の目標!
TC1000 39秒台
本庄 43秒台
そして何よりも無事に自走で帰宅w

今年もゆる~くテキトーに行こうと思うので宜しくお願いいたします(笑)

110909 シーズンインで撃沈 TC1000走行会レポ byぴこ@メカニック

2011gdb_0909image1.jpg

灼熱→ゲリラ豪雨→赤旗終了の2011JOY耐から早2ヶ月。 季節も暦上は夏から秋へと移ろうとしているのに合わせて、自分も走行会シーズンイン(・∀・)!! なのに先日までの涼しい日々はいづこへ・・・

画像はあと1回が使おうと思ってる(すでに終了?爆)走行後のタイヤさん。。。

9/9(金)はいつもの『いっしょに走ろっ♪』TC1000走行会に行ってきました。 今回は翌日10日に義妹の結婚式が控えていたこと、来週ある奥様友人の結婚式など過密予定でお友達と17日に遠征予定だったMLS走行会に参加できないので、こちらのTC1000に照準を合わせていました。 でも寂しいことに今回は久しぶりのお友達おらずの1人参加。。。 だいぶ涼しくなってきたし、1人で準備も大変だから~とタープを持っていきませんでした。

これが失敗その1(汗)

バッチリ熱中症になりますた(爆) 何しろ暑くて水分4リットル近く補給していましたがダメでした。

そして失敗その2

トルクレンチ忘れる トランクに入っているだろう、と確認しなかったら忘れてきました。。。

そして失敗その3

これだけ暑かったのにボンネットのクーリングダクトカバー外すの忘れて帰り支度のときに気付く クーリング中に、思ったよりも水温が下がらないな~と思っていましたが(汗)

と失敗だらけではありましたが、いい点もあったので秋以降の本番シーズンへのいい肩慣らし?にはなったかと。 あ、タイム的にはタイトルのように撃沈です(爆)

それでは走行の内容を・・・

今回までに ・マフラーをRM-01A(SUS製スポーツマフラー11.3kg)→STILLWAYフルチタンマフラー(レーシングマフラー4.7kg!)へ変更 ・オーリンズ車高調の仕様変更

この2点を生かすも殺すも自分の腕次第。。。 ちなみに今回の走行会は、1・2ヒートはコース逆送のコースジムカーナ方式、3~6ヒートは通常の走行でした。

▼1ヒート目 タイヤ Z1★ 235/45R17 減衰 F:8段戻し R:13段戻し エア冷間F:2.3 R:2.2 DCCD:ロック

上記splコースを1台づつ出走し4本走行 仕様変更した足周りの動きを確認する意味でタイム気にせず走行! 仕様変更前と比べるとコーナー出口でのリアの動きが柔らかい?もう少し減衰高くしてもよさそう。 で、3本でお腹いっぱい(爆)

▼2ヒート目  パス・・・

この時点ですでに暑くて頭がポーっとしてきていました(汗) 午後の通常走行に向けて準備のため午前中は走行パスしました。

▼3ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17 減衰 F:4段戻し R:10段戻し エア冷間F:1.85 R:1.9 DCCD:ロック

さて、シーズンイン! 足の感触を確かめながらの走行。 リアをあえて柔らかめでスタートして旋回時のリアの動きを確認。 もう少し硬めにした方がアクセルONで気持ちよさそう。 ってか、マフラーの音最高っす♪

best 41.494

▼4ヒート目 タイヤ 同じ 減衰 F:4段戻し R:8段戻し エア温間F:2.3 R:2.2 DCCD:ロックから1段戻し

リアの減衰を2段硬くしてDCCDをロックから1段緩めて走行。 こっちの方が1ヘア立ち上がりが気持ちいい! ガマン出口と最終立ち上がりはラインでどうにかできそう。

best 41.096

▼5ヒート目 タイヤ 同じ 減衰 F:4段戻し R:8段戻し エア同じ DCCD:ロックから2段戻し

DCCDをもう1段緩めてみて走行ラインを変えながら走行。 全体を通してビビりがあるのかアクセルONのタイミングが遅い気も。。。 もう少し鼻の入りがいいといいかも。

best 41.022

▼6ヒート目 パス(汗)

というよりも、5ヒート目終わった時点でドキがむねむね、頭はポーっとかなりやばい状況になり熱中症を確信(汗) 6ヒート目は走らずにフラフラしながらも後片付け。

帰宅後に十分水分と睡眠をとってなんとか復活しましたが、かなりやばい状況でした。。。 肝心の走りの方ですが、想像以上の外気温・路面温度の割りに気持ちよく走れた事、足のフィーリングが操作にしっかり付いてきてくれる事、排気音が素晴らしく官能的なこと(爆) 季節的な条件を考えてベストの1秒落ちなら秋以降のシーズンでのタイムアップが期待できそう♂ 次回へ向けてフロントの車高を5mmほど落とす(現状でリアがフロントよりも12mm下がり)とリアの荷重を掛けつつフロントの入りがよくなるかな~かと。

タイムこそベスト更新はできませんでしたが、熱中症になった割には充実した走行内容となりました(笑) さて次の走行はいつにするか!?

110513 シーズンラスト?いっしょに走ろっ♪TC1000走行会レポ byぴこ@メカニック

2011gdb_0513image1.jpg

震災から早2ヶ月が経過・・・
自分の走行もボチボチ再会です。
GW前半から子供たちを皮切りに順番に風邪っぴきとなり体調不良に陥っておりました。。。
そんな体調も復活し、久々のサーキットへ5/13に毎度おなじみの走行会に参加してきました。

APレーシングのA・BドラたちはiPhone4に買い換えてカバーはカーボン調。
そんな訳で(どんな訳だ)自分も車にGTウイングに続きボンネットを炭化させてカーボン増やしてみました(笑)
カーボンといっても高価なドライカーボンではなくウェットカーボン。
もともとアルミボンネットだったので3kgほどしか軽量化に貢献しないところが難点ですが
カッコイイからいいんですっ!
この辺がやっぱりAPレーシング流。

それでは当日のレポートを。

前日まで荒れ模様だったお天気も当日は雨も上がり真夏のような陽気に!
おかげで日焼けでピリピリ、タイムも伸びませんでしたが今回も友人8人と参加して楽しく走れたので結果オーライ(・∀・)!!
今回はGW直後の平日ということもあっていつもの半分くらいしか参加者がいなかったため、通常1グループ9台前後のところが1グループ6~7台とチョー走りやすい状態でした♪
では、内容をば・・・

▼1ヒート目 タイヤ ヨコハマ ADVAN A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:4段戻し R:7段戻し エア冷間F:1.95 R:2.0 DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 40.719

路面温度も上がること必至なので1本目がチャンスと思いましたが、トラブルのため4周でピットイン(汗)
ですが、結局このヒートの3周目がこの日のベスト。。。
何も試すこともできずそれなりに走ったタイムがベストとは(涙)

 

このあとクーリングを1周入れてから、さあアタック!というところでトラブルは起きますた。。。
そのときの状況はこちら。

 


ガマンコーナー立ち上がりでアクセルONにしたタイミングで『ばしゅ~んっ!』と盛大な音と同時にエンジンストール。。。
何が何だかわからないまま、とにかくコースから出ないといけないと惰性で最終コーナーからピットロードに入るも完全にエンジンが停止して重ステに(汗)
車を止めてまずは『エンジンブロー』がよぎりました。。。
でもアタック前に計器関係の数値はまったく問題なかったし、ブーストも異常なオーバーシュートをしてるわけでもなく・・・
外から見ていた友人から「マフラーから黒煙を吐いていた」との証言から『ばしゅ~んっ!』のタイミングで吐いていたようです。
お友達や参加者の方にピットの止まった場所から駐車位置まで車を押してもらって再度エンジンルーム点検。
エンジンをかけるとアイドルはするけどブリッピングをするとビビり音が一瞬してエンジンストール。。。
ありゃりゃ、やっぱりブローか・・・と思ったとき!画像のSTIエアダクトホースのスロットル側がひっこ抜けてるのを発見!

2011gdb_0513image2.jpg

そういえば、先日ブローオフバルブ交換したときにホースバンドを増し締めした記憶がないな(爆)
組み付け直していると、「以前ジムカーナで同じところのホースバンドが外れて黒煙吐いてた友人がいた」との証言があり無事に復活です♪

※教訓 各部増し締めはしっかり確認しましょう(ホイールナット含む♪)
実は以前にホイールナットの増し締めを忘れて走行中にホイールが外れた友人がいたんですが、今回もホイールナットの増し締めが完璧でなくホイールが外れそうになった友人がいました(汗)

▼2ヒート目 
タイヤ・減衰・DCCD:同じ エア温間F:2.4 R:2.2

ベスト 40.793

このときすでに路面温度は39℃。。。
タイヤを無駄に酷使しても仕方ないので最終ラインをいくつか試してみるが、以前やっていたように洗濯板外側から大きめに回って奥で車の向きを変えてから直線的に立ち上がるラインが一番よさそう。
しかし暑さで運ちゃんヘロヘロのためクーリング入れながらアタック4回でギブアップ(爆)

▼3ヒート目 タイヤ ダンロップ ディレッツァZ1☆ 235/45R17
減衰 F:9段戻し R:13段戻し エア冷間F:2.2 R:2.2 DCCD:ロックから3段戻し

ベスト 42.620

午後からはラジアルにて走行。
しっかりフロントに荷重を乗せないとしっかり曲がらないし勉強になります。
しかしながらタイムにはつながらず(汗)

▼4ヒート目 
タイヤ・減衰:同じ DCCD:2段戻し エア温間F:2.6 R:2.4

ベスト 42.306

DCCDを2段戻しで走ってみる。
コーナー出口での感じはこっちの方がよさげ。
もう少しタイヤへ面圧を掛けて走れるようにしないとこのサイズのタイヤで気持ちよく走るのは難しそう。
結果からいうと要修行ってことです(爆)

▼5ヒート目
あまりの暑さにパス。。。
最近は5ヒート目に無理しないほうが片づけにも余裕があるような(笑)


今回は1ヒート目にエアダクトホースが抜けるというトラブルがありましたが、重大なトラブルにならずよかったです(汗)アブナカッタ
全体的に前回までの課題も少しづつですが脳内イメトレの成果が出ているようです。
これからの暑さでは車も運ちゃんもヘロヘロで体力的にももたないのでぼちぼちシーズンオフですかね~
ちょろちょろっと本庄サーキットあたりにコソ練くらい?
恒例・灼熱のMLS遠征?
秋口にコソっと仲間内でジムカーナ練習会?

いずれにせよ暫くはメンテ中心になりそうです(笑)
今回参加した皆さん、ご一緒された方、スタッフの皆様お疲れ様でした~♪

110222 いっしょに走ろっ♪TC1000走行会レポ byぴこ@メカニック

2011GDB_0222image1.jpg
時間が空いちゃいましたが22日は今年初となるTC1000に行ってきました。
今回もいつも参加している『いっしょに走ろっ♪』の走行会に参加です。
昨年12月以来2ヶ月ぶりとなるTC1000、今回はベスト更新目指して気合充分!
おまけに今回の走行会は1枠6~7台(通常同時コースインMAX15台、いつもの走行会だと8~9台)と絶好のアタック台数。
当日までに1月にTC2000でお亡くなりになったフロントローターもフロントハブを強化タイプのものに交換するのと併せてサイズUP済み、自然とテンション♂でございます。


と、事前のテンションとは裏腹に当日はベスト更新できず、悶々と悔しい思いとなりますた。。。orz

 

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:4段戻し R:7段戻し エア冷間F:1.9 R:2.0 DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 40.35(LAP-SHOT計測のため非公式)

筑波側のトラブルで1ヒート目は正式計測できず。
気温も低く絶好のアタックタイミングなのにもかかわらず好タイム出ず。。。
ガマンコーナー(インフィールド)&最終がアンダーが強くアクセルが踏めずにもどかしいっす。

▼2ヒート目 
タイヤ・減衰・DCCD:同じ エア温間F:2.3 R:2.2

ベスト 40.348

計測器も無事に直りタイム計測再開♪
フロントブレーキのサイズUPで効きがよくなったが、ブレーキポイントが手前のままで進入してブレーキが余り気味。。。
進入で上手く旋回姿勢に入れない?出口に向けてフロント→リアの荷重移動が舵を戻すのとアクセル開のタイミングと合わない?ためにアンダー傾向な感じ。
一応この日のベスト。

▼3ヒート目 
タイヤ・減衰・DCCD:同じ エア温間F:2.3 R:2.2

ベスト 40.385

はっ!
前回のTC2000前にリアの車高を4mmダウンしていたのを思い出し、インターバル中にリアの車高調を4mm上げて元のセッティングに戻してみる。(汗)
結果、2ヒート目までのアンダー傾向は薄らぎアクセルも踏めるようになったものの気温上昇でタイヤが持たずアタック2回しかできず。
ピットに戻ってから路面温度見たら24℃。。。
ありゃりゃ残念。

▼4ヒート目 タイヤ Z1★ 235/45R17
減衰 F:8段戻し R:11段戻し エア冷間F:2.1 R:2.2 DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 42.421
2011GDB_0222image2.jpg
気温も路面温度上がり、Sタイヤだと勿体無いのと練習を兼ねてラジアルにて走行。
実は鮪弐号になってドライのTC1000でラジアル走行は初めてだったり。
S→ラジラルでブレーキのタイミングが分からず探りながら。
無駄にアタックしても仕方が無いので丁寧且つ転がり感を感じながら走ろうと決意するも熱くなって後半はダラダラ(爆)

▼5ヒート目 
タイヤ・減衰:同じ DCCD:ロック エア温間F:2.6 R:2.4

ベスト 42.229

初心に帰ってDCCDロックで走行。
エア圧も★さまは高目がいいので多めで走行。
しかし、すでに1ヒート目からのブレーキの容量UPによる弊害であるドライバーによるブレーキ余りが体から抜けず。。。
ビビリミッター全開になってしまい、しっかり過ぎるブレーキングでタイム伸びず。
やっぱり要修行。。。

この日はそのまま夜勤だったためにそそくさと片付けを済ませて早々と撤収。
そのまま船橋工場へ出勤と相成りました。

ん~、やっぱりTC1000は奥が深いっす。
目前と思われた39秒台もまだまだ霧の中で手探り状態。。。
今回の収穫は・・・
・Sでのアタック周回は40秒前半でまとめられた
・やっぱり最終は洗濯板(縁石)乗らない方が自分の乗り方だと気持ちいい♪
・ブレーキ関係を一気に仕様変更するとドライバースキルが追いつかない(自分の場合)
・一応ラジアルはベスト更新(恥ずかしいタイムですが)

お~、いいところあるじゃないですか(爆)
前向きに考えて逝こうかと思います、きっとそうだ(・∀・)


逆に。。。
・舵の当て方が雑orz
・ブレーキの状態を1日の走行開始時にしっかりと把握する
・リアデフオイルはケチらず早めの交換。。。
エンジン・デフオイルは昨年11月に交換して今まで未交換。
エンジンのフィーリングはあまり変化ないですが、リアデフは効きが交換直後よりも明らかにヌル~い感じ。
次回から練習と割り切らない走行会前には極力交換して行こうと思いました。。。

気候的にもTC1000でのベスト更新は厳しくなっちゃいましたが、39秒台・ラジアル41秒台を目標に車のメンテ・ドライバースキル向上への脳内イメトレに真剣に取り組もうと思います♪

次回の走行会は3月19日に昨年夏も遠征したモーターランド鈴鹿の走行会です。
残りの日程でしっかりメンテして楽しく遠征してこようと思います。
往復約1000kmの遠征、向こうでの走行よりも往復が体力との勝負となりそうです(爆)

110126 はじめのイ~ッポ♪TC2000走行会レポ byぴこ@メカニック

2011gdb_1026image.jpg

1月1日付けで船橋工場に異動になったぴこ@メカニックです。

築地では育成枠T君も頑張っているようで(笑)

そういう自分は通勤にも慣れてやっと今年の走り初めと相成りました。

ってことで、26日はいつも参加している「いっしょに走ろっ♪」のTC2000はじめのイ~ッポ♪にインプレッサ乗りの友人と参加してきました。
実はTC2000、なかなか機会に恵まれず今回が初体験。
年明け一発目は初のコースでの発射となりました。

それでは肝心の内容を・・・

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:4段戻し R:6段戻し エア冷間F:2.0 R:2.1 DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 1'10.368

1ヒート目のクラス分けはTC2000初走行なのになぜかトップグループのいちごグループ(汗)
クラスの最後尾からスタートし、コースを確認しつつタラタラ走ってたら3周目で周回遅れになりました(爆)
動くパイロンと化して同枠の方々にご迷惑お掛けしました。。。m(_ _)m
何速で走るのかも分からずあたふたするばかり(汗)
そんな事してる間に走行終了~
晴れてサンダルグループに撃沈(笑)

▼2ヒート目 
タイヤ・減衰・DCCD:同じ エア温間F:2.4 R:2.4

ベスト 1'07.429

2周したところで赤旗中断。。。
同枠の方がコースアウトして自走不能に(汗)
休憩中にインプレッサ乗りの友人と現地で一緒になったインプレッサGDB乗りの方(HN聞けばよかった。。。)お二人にギヤのレクチャーをしてもらい試しながら走行。
赤旗中断10分の後に1本だけアタック、なんとか1ヒート目からは3秒アップ。

▼3ヒート目 
タイヤ・減衰・エア・DCCD:同じ

ベスト 1'05.958

休憩中にいちごグループの走りをじっくり見学。
ラインはともかく、同じインプレッサのブレーキングポイントを重点的にチェック。
とはいえ、全コーナーかなり手前からブレーキ掛けて恐る恐る曲がってるのがバレバレです(爆)
立ち上がりもビビってアクセル全然踏めてないし。。。
それでも結果なんとか5秒台にねじ込めました(汗)

いっしょに来ていたインプレッサ乗りの友人から「初走行でも5秒はいけるでしょ!?」と言われていたのでなんとか達成です(笑)
実は朝イチの走行前にトラブル発生(汗)
使う予定のパッドのバックプレート(パッドの鉄の板の部分)がローターのベルハットに接触しててブレーキが効かない状態。
急遽、パッドを年代物のHCチタンkai(古っ!)に交換して使用。
こっちのパッドはなぜかベルハットと接触しないんですよね~
パッドのメーカー個体差???
おまけに左右フロントローターはヒートクラック入りまくりで、いつお亡くなりになってもおかしくない状態。
3ヒート終了後にはサーキット走行不可能なクラックが入りました(爆)
#街乗り自走はOKなレベルですが(笑)

いや~、初のTC2000でしたが非常に攻め甲斐があって楽しいですね。
皆さんが「楽しい!」とおっしゃる意味がよく分かります(笑)
この結果では全然満足していないので、是非ともリベンジしたいところです。
目標は4秒!(あわよくば3秒台に爆)

ご一緒した皆さん、主催者・スタッフの方々お疲れ様でした!

さて、次回は2/22のTC1000走行。
なんとか今シーズン中に39秒台にぶち込みたいところです(笑)
まだ走行枠も残っているのでサーキットデビューしたい方いかがでしょうか!?

さらに時間があれば本庄フリーも来月一発走っておきたいところ。

その前にフロントローター交換しないと走りにいけそうにないですね(爆)

101210 いっしょに走ろっ♪TC1000走行会レポ byぴこ@メカニック

2010gdb_1210images.JPG

さてさて先週10日は1ヶ月ぶりとなるTC1000へ行ってきました。
参加したのは前回同様『いっしょに走ろっ♪』の走行会。
今回はエンジン&ミッション&デフ汁交換でリフレッシュ、前日までにキッチリとフルードのエア抜きもOK!と準備万端です。
あ、フロントハブはそのままで(爆)

 

 

 

今回はインプレッサ乗りの友人と2人と3台での参加で少な目でしたが1日楽しく走れました。
晴れ男パワー全開、どっぴーかんの晴天でタイムアップの予感(笑)
今回は前回の反省点・アドバイス等から
①3速で引っ張れるところは引っ張る
②ガマンコーナー(インフィールド)はインベタ気味
③最終は洗濯板(縁石)乗らずに回る
をメインに気をつけながら走りました。
結局②は走行中すっかり忘れてましたが。。。
あ、あとGTウイングも前回よりも1段立ててダウンフォース狙ってみたり、前回ご一緒させていただいたインプレッサ乗りの友人からのアドバイスでキャンバーを前回よりももうちょっと付けてみたりしました(笑)

そんでは

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:4段戻し R:7段戻し エア冷間F:1.85 R:1.9 DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 40.290

いきなりベスト更新(・∀・)
今回から助手席外して軽量化♪
1コーナーは羽根の効果か3速で周るからかアクセルが踏める♪
3速多用でシフトチェンジのロスがなくなったのと最終ラインでの舵の当て方がゆっくり操作できるように。
その代わり、最終立ち上がりのラインが探りながら・・・

▼2ヒート目 
タイヤ・減衰・DCCD:同じ エア温間F:2.2 R:2.1

ベスト 40.116

さらにベスト更新!
1ヒート目と同じく最終立ち上がりラインはやっぱり探りながら。
ベストが出たときは探りながらでアクセルを踏めずタイムロス。。。LAP-SHOT(タイム計測器)でタイム見て「あ~くそ!」と叫んでます(爆)
某氏からアドバイス貰った『メインストレートでシフトノブ→ハンドルに手を戻すクセ』はなかなかクセが抜けません(汗)

▼3ヒート目 
タイヤ・減衰・エア・DCCD:同じ

ベスト 40.933

お昼だったので悩みましたがA050のままアタック!
クラス組換えで友人が同クラスに昇格してきたので追っかけっこしたりで楽しい枠でしたが気持ちばかり前に行ってタイムも出そうにないので早々にアタックやめてクーリング~

▼4ヒート目 
タイヤ:ディレッツァ03G R1コン 減衰・DCCD:同じ エア冷間F:1.9 R:1.95

ベスト 43.605

今回から投入した練習用中古Sタイヤ。
08年製造なので全然OKかと思いきや滑る滑る(汗)
5、6周くらい熱入れ走行するがグリップ感が乏しくアクセル踏めず。
終始熱入れ走行でアタックできず。。。

▼5ヒート目
ちかれてヘロヘロなので走行パス(笑)
イントラ同乗をお願いしました。
Sでのエア圧の設定の仕方なんかをメインにレクチャーしていただきある意味で目から鱗(笑)
次回以降の参考になりました~

39秒台まであと少し!
この目標は来年に持ち越しですね~
今年は『41秒前半、あわよくば40秒台』を目標に楽しんできましたが無事に達成!
今回の反省点を踏まえて来年は現状のエンジンノーマルの仕様で39秒台を目標に楽しんで行きたいと思います♪

マシンのDIYメンテ byぴこ@メカニック

2010GDB_1126_image2.jpg

次回走行会は12月10日。

走行会シーズン真っ只中ですが、ホームコースのTC1000の走行会に照準をあわせるべくマシンのメンテは必須。

 

今回は丁度交換時期になっていたエンジンオイル・ミッションオイル・リアデファレンシャルギヤオイル※を交換します。

 

※デファレンシャルギヤ

説明すると長くなるのでググってみてください(爆)

 

 

あ、作業場所は自宅の駐車場でDIYにて作業です。

 

まずはオイルを抜きやすくするために近所をグルーっと二回りくらいしてからジャッキアップ&ウマ上げ。

続いてフロントアンダーカバーを外して各オイルのドレンボルトへアクセスしやすくします。

↑画像のバンパーが外れているのは、今回の作業のついでに昨年の夏&冬の走行会でフロントをぶつけてしまい歪んでいるラジエーターコアサポートの修正をするためです。

2010GDB_1126_image1.jpg

こんな感じで廃油パンで廃油を受けます。

手前は抜けきったエンジンオイル、糸のように垂れているのがミッションオイルです。

自分はせっかちなので10~15分ほど抜いたらドレンを締めちゃいますが、もっと時間を掛けて廃油を抜いたりプラグキャップを外してクランキングさせてエンジンオイルを抜くやり方や、タイヤを手で回してギヤオイルを目一杯抜く方法などマニアックな抜き方がいっぱい(笑)

自分はオーソドックスな下抜き(ドレンボルトを緩めて抜く)で作業していますが、自動後退や黄色帽子などのカーショップではオイルチェンジャーなどの機械を使ってエンジン上部から抜く方法もあります。

ここで各オイルを規定量入れてエンジン始動、5分ほどアイドリングしたら最後の1分くらいで軽くブリッピング(空ぶかし)をして各部に漏れがないか確認します。

エンジンを停止して10~15分ほどオイルがケース内で落ち着くのを待ってから再度ゲージで油量を確認し、足りない分を補充して交換完了!

リアデフオイルの交換作業は写真撮り忘れました。。。

 

お次はフロントのラジエーターコアサポートの修正。

簡単に言えばフレーム部分です(汗)

ハンマー&腕力でグイグイ修正。

修正前 (10年4月にバンパー交換した直後)

2010GDB_1126_image4.jpg

ボンネットとヘッドライトのチリが合ってないですね。。。

TC1000でコースインするたびにオフィシャルの方から「ボンネットが開いてますよ!」と指摘されるくらいですから(汗)

ちなみにこれでもしっかり閉まってます。

で、今回修正した後がこちら。↓

修正後

2010GDB_1126_image3.jpg

我ながらいい仕事してます(笑)

これで見た目はやる気マンマン♂

ここまで作業してこの日の作業は終了~♪

このあとフィーリングチェックの試乗に行きましたが、やっぱりオイル交換直後はいいです!

パンチのあるトルク感たっぷりに吹け上がるエンジンに、「スクッ」と吸い込まれるシフトフィールがナイスです。

 

今回使用したオイルはエンジンオイルは何度も使用してきましたが、ミッションオイルとリアデフオイルは初の使用。

今までミッション&デフオイルは某メーカーのテスト品を耐久性・フィーリングのチェックがてら使っていました。

テスト品のオイルも非常に高レベルのフィーリングではありましたが、今回使ったオイルはそれ上回るフィーリングです。

これでエンジン・ミッション・リアデフオイルは1メーカーに統一されたので今後の耐久性・フィーリングの変化・街乗り&サーキット使用での使い勝手を探っていきたいと思います。

あっ・・・ブレーキフルードのエア抜きするの忘れた。。。orz

 

 

今回の作業

・エンジンオイル交換

・ミッションオイル交換

・リアデフオイル交換

・フロントラジエーターコアサポート修正

・右ヘッドライト交換(内部レンズ割れのためストックの新品予備と交換)

・Lowヘッドライトバルブ交換(上記ライトAssy交換の際に玉切れ発生のため)

 

走行距離

エンジン・リアデフオイル:約4ヶ月 3400km走行(真夏のサーキット2回&11月サーキット1回)

ミッションオイル:約1年 10000km走行

 

使用オイル

中国興業株式会社

DAYTONA ProSpecシリーズ

エンジン:ZR-55 15w-55(約4リットル)

ミッション:ZRG 75w-90(約3.9リットル)

リアデフ:ZRG 75w-140(約1リットル)

101110 いっしょに走ろっ♪ TC1000走行会レポ byぴこ@メカニック

 2010gdb 1110_9.JPG 

 いよいよ待ちに待った走行会シーズン到来です。

11月10日にいつも参加させていただいている「いっしょに走ろっ♪」のTC1000(筑波サーキットコース1000)の走行会に参加してきました。

実は事前に色々と準備しなくちゃいけないことが多数あったんですが、仕事&私事でバタバタしてしまい思っていた準備が進まず。。。

・フロントハブ未交換(交換しようとアクスルナット緩めようとしたらスピンナーハンドルのジョイント折損)
・エンジン&ミッション&リアデフオイル未交換(フィーリングの悪化が感じないのでセコく今回走行後に交換しよう♪)
・バンパー&フェンダー未補修(バンパー落ちないから桶)
結局リアのプリロードを0に戻すタイミングでおまじない程度に0.5mmほど掛けたのと(フロントは0)、ブレーキフルードのエア抜きのみの準備で当日を迎えました(爆)


今回も車友達6台&応援1名、現地でもお友達含めて2台の方ともご一緒でき、大所帯で楽しい一日でした。

いつもこんな感じで車仲間でワイワイガヤガヤです(笑)

2010gdb 1110_3image.JPG

 

 

 

 

 

  

そして現地では自分で車の準備をしてタイヤ交換したり、各部のセッティング変更をしたりします。

 

2010gdb 1110_4image.JPG

 

 

 

 

 

 

友人のガルウイング&ラリーレプリカ仕様のインプレッサも走っていたりします(笑)

いつも参加しているこちらの走行会は申告ベストタイム(自分は過去ベスト41.690s)順に7グループに組み分けされ、1ヒート12分×4本、10分×1本を約1時間のインターバルを置きながら順番に走行していき、2ヒート走行終了後にグループ組み分けをして更に走りやすくなります。

通常TC1000は同時コースインが最大15台のところを9台以下と少なめに設定しているので非常に走りやすく、走行会ビギナーさんにも非常に優しい走行会になっています。

私の友人もこちらの走行会に参加してからサーキット走行にどっぷりハマっている方もいますし(笑)

この日参加していた車両は仲間内のインプレッサ・軽のエッセをはじめ、シビック・インテグラ・S2000・スカイライン・シルビア・フェアレディZ・RX-7・ランエボ・ロードスターなどの定番車両から、ランチアデルタ・フォードフォーカス・アウディTT・ルノーメガーヌ・ロータス340Rと多彩です。

 

この日は天気も気温も走行会日和♪
自然とテンションも♂♂♂

そんでは・・・

▼1ヒート目 タイヤ A050 Mコン 245/40R17
減衰 F:6段戻し R:8段戻し エア冷間F:1.85 R:1.9 DCCD(ドライバー・コントール・センター・デフ):ロックから1段戻し

ベスト 41.095

いきなりベスト更新♪
新調したフロントブレーキパッドの効きも前後バランスもイイ感じです。
なーんか水温が下がらないな~と思ってたらフロントのナンバープレート外すの忘れてました(汗)

▼2ヒート目
減衰 F:4段戻し R:6段戻し エア温間F:2.15 R:2.1 DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 41:042

あらら、さらにベスト更新♪(笑)
1ヘア&ガマン進入で足が柔らかく感じるので2段づつ減衰アップ。
DCCDはこっちの方が立ち上がりでいい感じです。

▼3ヒート目 グループ組換え
減衰 F:4段戻し R:7段戻し エア:同じ DCCD:ロックから2段戻し&後半1段戻し

ベスト 40.848

更にベスト更新&40秒台突入!(・∀・)
2ヒート目でリアがバタつく感じがしたのでリアのみ減衰を一つ弱めにしてリアデフの動きを感じやすく調整。
ベストが出たときはDCCD2段戻し、1段戻しにすると1コーナーで踏めない気が。。。

▼4ヒート目
減衰・エア:同じ DCCD:ロックから2段戻し

ベスト 41.580

縁石を乗った方がタイムが出るのか乗らない方がいいのか探りながら走行。
夏の遠征で伝授していただいたマル秘アタック方法も試すがなかなか上手くいかず(笑)
リアデフのフィーリングがあまりよろしくない???

▼5ヒート目
減衰・エア・DCCD:同じ

ベスト 41.800

路面温度も上がり、運ちゃんの集中力も若干散漫になりつつあるので2回だけアタック。
しかし2回目に車間の取り方をミスってNG。。。
リアデフは汁交換ケチったツケっぽい(汗)

 

ってことで、やっと40秒台突入です!(・∀・)ヤッター
現車であるインプレッサGDBに乗り換えて当初の目標である41秒切りをめでたく達成しました~♪
まだまだライン取り・舵の当て方や足&GTウイングセッティングや助手席外し(爆)などの技も残っているので今後の目標は40秒切りを新たな目標に楽しんで行きたいと思います。

今回は奥様から了承を得て、家のHDビデオを使うことができたので動画撮影できました~
以前使っていた動画投稿サイトが移行された際に手続きしなかったので消えちゃったので、今回はYouTubeにてアップしてみました。

やっぱり助手席のフルバケが邪魔ですね(笑)

 

さて、お次は来月10日に同じ走行会が開催されるのでそいつに照準を合わせてメンテに取り掛かるとします。
当日の見学・お手伝い大歓迎ですよ~(笑)

走行会とは?&参加マシンは? byぴこ@メカニック

2010gdb_image1.jpg

 

APレーシングチームの主戦場である「JOY耐」は、本格的レースの中でもハードルの低い参加しやすい本格レースの一つです。
これはいわゆる「JAF公認レース」のカテゴリーに属し、ドライバーとして参加するためにはJAF国内A級ライセンス以上が必要です。
上記以外のスポーツ走行には上記JAF公認レース以外に、ライセンス無しで参加できる「走行会」と、各サーキットで発行するライセンスを取得しての「フリー走行」があります。

走行会は自動車ショップや個人が主催して行なわれるイベントで、車両の制限や改造範囲などが比較的自由なことが魅力です。
殆どの参加車両がナンバー付の車両、街中で走っているスポーツカーなどをサーキットに持ち込んでスポーツ走行を楽しむので専用のマシンを必要としないメリットがある反面、クラッシュや自走不可能なトラブル発生時に帰宅することが困難というデメリットもあります。
ま、この辺は熱くなり過ぎずに余裕のあるスポーツ走行を楽しむのが一番かと(笑)
また、スポーツ走行をすることでマシンへの負担も通常とは大きく異なります。
各オイルの管理・タイヤの磨耗度合い確認などの必要最低限のメンテから、サスペンション&ダンパーのセッティングやボディ補強から各部の調整・メンテなども必要となってきます。
この辺はスポーツ走行の得意なショップ等を見つけてメンテやセッティングなどをしてもらうケースと、いわゆるプライベーター(古い?)によるDIYでのメンテやセッティングと大きく分けて二通りのパターンがあります。
この中でももっとも多いのは両方(ショップ&DIY)を適材適所で使い分けるパターンですが、自分のように機械弄りが非常に好きだとDIYでの作業割合が非常に大きくなってきたりします(笑)
自宅で作業していると本業は車関係かと近所に噂になってこともあるくらいです(爆)


自分が使用している車両はインプレッサ STIスペックC (型式GDB-C型)は元来コンペティション用のベース車両。
パワーウインドウ無し、集中ドアロック無し、エアコン無し、アンダーコート塗布無し、トランク内装無し、オーディオ無しで販売されている漢仕様の車両です(爆)
さすがに家族5人で使うにはエアコンだけは必須ですのでディーラーにて取り付けてもらいましたが。
この車両、普段はリアにチャイルドシート1脚・ジュニアシート2脚を取り付けて奥様運転での買い物仕様で、サーキットなどのスポーツ走行に出向く時はリアシート全部外してSタイヤ4本積んでGTウイング取り付けてGO!
我が家の車を見たことある友人は、「奥さん偉いねぇ」と感心しております(爆)

と私のマシンのパターンは極端ですが、走行会には普通に街乗りで使用している車でも参加できるイベントも多くあり、決して敷居の高いものばかりではありません。
もしスポーツ走行に興味がある方は思い切って見学・参加してみてはいかがでしょうか?
レース観戦とはまた違った楽しさが見つかるかもしれませんよ!?

100807 第6回PWCミーティング 灼熱の遠征 byぴこ@メカニック

DVC00018.JPG

8/6・7・8の3日間、三重県モーターランド鈴鹿で行なわれたPWCミーティングに参加してきました。
インプレッサ乗りの友人2人と3人で2泊3日の遠征ですが、1人は車両トラブルによりDNSで体だけの見学参加となりました。。。
この走行会、昨年にも参加したんですが、スタート3週目でタイヤバリアに突っ込むというポカをやらかしており、今回はリベンジの意も含めての遠征となりました。

※ちなみに文中に出てくる『鮪号』とは愛車のインプレッサGDBのことです。

昨年は金曜日開催で渋滞の心配が無かったんですが、今年はお盆の帰省ラッシュに重なる可能性があったので現地に前泊、走行終了後に名古屋で後泊と宿を取りましたが大正解!
8日の帰りに事故渋滞が若干ありましたが、スムーズに帰宅する事ができました。

さて、肝心の走行会。
フラットスポットのできているAD07を使い切る予定でこっちから履いていったのですが・・・

201008gdb_image2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポークにクラックが(汗)

往路の道中、フラットスポットの振動がやっぱり凄いな?と思っていたんですが、まさかこんなに綺麗に割れていたとは。。。
フラットスポットができてるタイヤはリアに回してあったんですが、割れたホイールは右フロント。
特に衝撃を与えた訳でもないので原因はハッキリしませんが、大きな事故等に繋がることがなかったのが不幸中の幸いでした。

って、ことで走行は9年落ち3分山のR881に(・∀・)ケテーイ!
GGGコンなのでクーリング入れながら走ることに。

1ヒート目 減衰F:6段戻し R:10段戻し エア温間F:2.35 R:2.2 DCCD 1段戻し
ベスト 52.117
1発目なのでコースの確認とAPキャリパーの制動チェック。
ブレーキは予想通りいい感じ♪
春先にPバルブ交換でバランスが変わっているのも影響しているようです。

2ヒート目 減衰・エア同じ DCCDロック
ベスト 49.700
ひとまずDCCDをロックに。
去年の目標だった50秒切り達成!

3ヒート目 減衰・エア・DCCD同じ Fパッド HCチタン→ARMA AC2(旧RD相当)
ベスト 48.863
フロントのパッドを同行した友人からARMAを借りて試着。
年代モノのHCチタンも思っていたより効きますが、ARMAの方が制動性・コントロール性どちらも↑。
やはりパッドはARMAを導入しようと決意(笑)

お昼休みにGPSロガーのソフト開発をしているdp3 南さんよりLap+に関する講習があるとのことなので昼飯食べながら聞き入る。
コースでのタイムを削る部分などを理論的に解析して説明してくれたので説得力がありました。

今回の走行会の目玉の一つでもあるドリフトコンテストが午後から開催!
コースでの競技ドリフトを見るのは初めてでしたが、迫力満点!
決して広いとは言えないコースを一杯に使ってのドリフトは待ち時間も飽きずにイベントを楽しむ事ができました。


4ヒート目 減衰・エア・ブレーキ同じ DCCD 2段戻し
ベスト 50.405
お昼休みの座学で得た理論を元に走ってみましたが、なかなか実践できずタイムダウン↓。。。
暑さで運ちゃんもだいぶヘロヘロ(汗)

5ヒート目 減衰・エア・ブレーキ同じ DCCDロック
暑さにダレて走行パス。
自分たちのパドックの前で休憩中のAZUR代表・川村さんに鮪号を運転してもらい車のセッティングについてレクチャー頂きました。
お願いしたポイントは
・今の仕様でフロントパッドをARMA AC2より効いたものの方がいいのか?
・現状のダンパーセッティングはTC1000でベストを出した時のセッティングだが、MLSのような低速セクションの多いコースでのセッティング
・DCCDの選択
などなど色々お聞きしてしまいましたが、とても丁寧に説明してもらって非常に参考になりました。

6ヒート目 減衰・エア・ブレーキ同じ DCCD 2段戻し→途中からロック
ベスト 49.349
この日の総括。
インフィールドの縁石の使い方などを某兄さんよりレクチャー頂いたのでそれも試してみますが、アタック中には自分には不可能(汗)
クーリングでのんびり走ると上手くできる事もありますが、その辺の技量を磨く事と事前のコース攻略のイメージが非常に重要なファクターになる事を改めて実感しました。

スポークが割れるというトラブルもありましたが走行も無事に終了!
ベストは3ヒート目の48.863と目標はクリアする事ができました。
この暑さの中で去年よりも2秒近くベスト更新できたのは自信にもなりましたし、今後の課題もしっかり見えてきたのが収穫です。
今回の経験を秋からのシーズンに生かして今後の走りに繋げて行きたいと思います。

最後になりましたが、PWCミーティング主催のスタッフ・ゲストの皆様、参加者の方々お疲れ様でした。
非常に暑いなかでのイベントでしたが、個人的には非常に楽しい大満足の遠征となりました。
改めて御礼申し上げますm(_ _)m

さて、秋のシーズンに向けてまたまた課題が増えたのは事実。。。
・街乗りタイヤの新調(手持ちホイール&冬のスタッドレス用ホイールの選定も含めて)
・パッド新調(ARMA AC2?AC3?)
・走行会用タイヤをどうするか(R881がまだ残ってる。。。終わったらお星様?S?)
妄想するのは楽しいですね(爆)